有限会社ケーサービス|愛知県 名古屋の外壁 屋根 鉄 金属部の塗装|Kサービス ケイサービス

塗装の工程(流れ)
Flow

より良い施工、より良い接客を目指して。

外壁や屋根など塗装が必要な部分は、住宅にとって特に目立つ部分であり、年数が経てば劣化して汚れが目立ってしまう部分でもあります。有限会社ケーサービスでは、塗料の持つ機能性を最大限に発揮できるよう、診断・調査・お客様へのご相談、打合せ等を徹底的に行い、細心の注意を払いながら塗装工事に取り組みます。

塗装工程について

以下の4つの工程を一つ一つ丁寧に行うことで塗料の効果を最大限に発揮します。

Leather レザー

1.

汚れ除去

長い間、壁に付着した汚れやコケなどを高圧洗浄を用いてしっかり取り除きます。

  高圧洗浄の写真
 
高圧洗浄

まず高圧洗浄は外壁や屋根に付着したカビやコケを洗い流すことを目的として行われる塗装工事における重要な下地処理の一つです。 実際の高圧洗浄の様子を見て頂ければわかりやすいのですが、汚れを洗い流すというよりも、汚れを吹き飛ばすという表現に近いです。

 
必要性

汚れをきれいに取り除かないと、旧塗膜などの間に層が出来てしまい、密着不良で剥離してしまったり、コケがまたすぐに生えてきてしまいます。建物の劣化を最小限に抑えるために行います。

 
効果

完全に除去してから新しい塗料を塗ることで、下地と新しい塗膜の間に層がなくなります。そして、素材に適切な下塗り剤を塗ることで更に密着度が高まります。

下地処理

2.

下地処理

下地処理が特に大切な工程です!!!壁のひび割れや隙間や壁の浮きなどそのお宅毎に抱える問題に適した処理を行います。

 
必要性

ひび割れは雨水や漏水を招き、カビの発生の原因や、木材の場合白カビの発生の原因になります。部分的な壁の浮きは後に崩落の危険性もあります。そのような問題に繋がる前に適切な処理を行います。

 
効果

ひび割れや隙間のない壁にすることで、壁からの漏水を防ぎ、浮いた壁を取り除き新たに壁を構築(セメントなどで埋める)することで、崩落の危険性を回避します。縁の下の力持ちと言われる【家】を長持ちさせるため下地処理をしっかり行うことがカギ!

下塗り

3.

下塗り

塗装面に塗料を塗装します。仕上げ塗料がしっかりきれいに塗れる様に丁寧に下塗りします。

 
必要性

下塗りを丁寧に行うことで、塗装面が整い、下地との密着性が高まり長持ちに繋がります。ヘアクラック(髪の毛のような細いひび割れ)を埋めながら行うことで、塗料の吸い込みを抑えることが出来ます。

 
効果

塗料の吸い込みが激しい場合、吸い込みを抑えないと上塗りの塗料を吸ってしまい、必要な塗膜形成が出来ず、本来の性能が発揮できません。確実に吸い込みを止めることで、本来の上塗りの塗料の性能を発揮します。※上塗りだけでは、本来の性能を十分に発揮できず早く劣化してしまいます。

上・中塗り

4.

上・中塗り

より塗料の持ちを長くするように同じ上塗り材料を2回塗ります。

 
必要性

壁に塗った塗料を長く保つためにとても大切です。そして、直した下地を長く保たせるためにもとても大切な工程です。ここを重要視している方が多いですが、あくまでも下地処理が一番大切です。

 

※塗料のグレードや価格は様々です。塗り替えサイクルに合わせプランや塗料をご提示させて頂きます。

塗装の種類・料金について

無理な押し売りは一切いたしません。

まずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話からのお問い合わせ
052-303-2791/受付時間: 9:00     ~17:00
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせ

CONTENTS

塗装の種類・料金

施工実績

会社案内